ファーバーカステル水彩色鉛筆と他社製品との比較

画材の世界

水彩色鉛筆,ファーバーカステル,アルブレヒトデューラー

今回は、「水彩」と「色鉛筆」の良さを併せ持った「水彩色鉛筆」のお話です。

あくまで私個人の場合ですが。

水彩」は発色が良く美しいのですが、扱いが難しい。

色鉛筆」は扱いがしやすいですが、発色がいまいち。

……では「水彩色鉛筆」はどうなんだろう…?

今回のお話は、「水彩色鉛筆」に興味を持ってから実際に「アルブレヒト・デューラー」を購入するまでの軌跡を書いていきたいと思います。

 

三菱鉛筆 ユニ ウォーターカラー

私の母が、「三菱鉛筆 ユニ ウォーターカラー36色」を所有していたので、まずは試しと、貸してもらって色を塗ってみました。

(題材は、スマホゲーム「メルクストーリア」より「炎珠の呪術師 エヴァン」です)

黒絵しーな,水彩色鉛筆,イラスト,描き方,メイキング,ファーバーカステル,アルブレヒト・デューラー
「三菱鉛筆 ユニ ウォーターカラー」

感想。

色が少なすぎる!!

三菱鉛筆の水彩色鉛筆は、最高で36色です。

これはちょっと私的には少なすぎる。ある程度は混色などで対応できるにしても…。

この水彩色鉛筆を使うなら、コストは0円だけど……ちょっとこれはストレスを感じてしまう。

というわけで、新たに購入することにしました!

 

 

ファーバーカステル vs ステッドラー

試し描きするのが一番なのですが……できないので、ネットの比較検討記事や、製品のレビューなどを頼りにして選択するしかない状況です。

様々な水彩色鉛筆ランキング記事などで常に上位にいるのが「ステッドラー」と「ファーバーカステル」で、この2つに興味を持った私は、この2社の水彩色鉛筆に絞って調べました。

その結果も踏まえて、私的な検討事項は以下のようになりました。

 

ステッドラー「カラト・アクェレル」

  • 全色60色(12,000円
  • 「ファーバーカステル」の下位互換的なレビューが目立った
  • 芯はどちらかというと硬めらしい
  • 肌色(に近い色)がいい感じらしい
  • 近くの画材屋さんにバラで売っている

 

ファーバーカステル「アルブレヒト・デューラー」

  • 全色120色(36,000円)
  • 他の水彩色鉛筆とは一線を画す、という高評価なレビューが多い
  • 芯はどちらかというと柔らかい方らしい

 

最終的にファーバーカステルの「アルブレヒト・デューラー」を選択したのですが、理由は以下のとおり。

  • 多くの人が絶賛するということは、客観的な意見として信用できる。
  • 油性色鉛筆は芯が柔らかい「ホルベイン」を使っているので、柔らかい方が自分にしっくりくると思った。
  • 油性色鉛筆は全色150色で慣れていたので、全色が60色より120色の方が使い勝手がいい。

とにかく「全色120色」に一番惹かれました。ちょっと収集癖があるもので…(汗)

問題は価格なのですが、Amazonで半額で販売されていたので、思い切って大人買いしました!

 

 

 

三菱鉛筆vs アルブレヒト・デューラー

改めまして、2つの水彩色鉛筆が手元にあるので、比較イラストを作ってみました。

(題材は、「メイドインアビス」より「ナナチ」です)

黒絵しーな,水彩色鉛筆,イラスト,描き方,メイキング,ファーバーカステル,アルブレヒト・デューラー
「三菱鉛筆vsファーバーカステル」

線画は同じものを使っています(手書きなので100%ではありませんが)

改めて両者を比較してみた感想です。

  • 色数が多いとジャストな色が見つかってストレスなく塗れる。
  • どちらかというと「三菱鉛筆」は平面的、「ファーバーカステル」は立体的というか深みがある。
  • 「三菱鉛筆」は「ファーバーカステル」より芯がやや硬く、重ね塗りが若干しにくい

(3番目について私の母が申しますには、「三菱鉛筆」水彩色鉛筆は、だいぶ前に購入したからかも、とのことでした)

 

色見本を作りました。

自分のために作成したものですが、この記事を読んでいる方が「アルブレヒト・デューラー」の購入を考えておられるなら、その参考資料として見てもらいたいと思い、貼っておきます。

黒絵しーな,水彩色鉛筆,イラスト,描き方,メイキング,ファーバーカステル,アルブレヒト・デューラー

もしよろしければお役立てください。

 

終わりに

水彩色鉛筆の各社製品(といっても3社ですが)を比較し、ファーバーカステル「アルブレヒト・デューラー」を購入するに至った経緯を書かせていただきました。

いかがだったでしょうか…。

三菱鉛筆の水彩色鉛筆がちょっと劣っているような書き方してしまいましたが、初めて水彩色鉛筆を始める方には、お値段も手頃でファーストステップとしてはオススメです。

それでは、今回はこのあたりで。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!